ブログ

ホーム > ブログ

民事介入暴力対策岐阜大会

7月12日(金)は、岐阜市内で行われた

第78回 民事介入暴力対策岐阜大会(協議会)

および

第22回 暴力追放岐阜県民大会

に参加してきました。

 

今大会(協議会)のテーマは、『不動産からの暴力団排除』。

暴力団に不動産を(で)「持たせない」「使わせない」「稼がせない」ための

方策等について、報告とディスカッションがありました。

 

この点、ここ数年の間に、各県で暴力団排除条例が制定・施行されました。

また不動産売買契約書ないし賃貸借契約書の中に「暴力団排除条項」を入れたり、

契約の際に「自らが暴力団員等でないことの表明確約書(誓約書)」を提出させたりする

ことが徐々に浸透してきています。

そのため、不動産からの暴力団排除の取組みについては、

着実にその成果が出てきているものと考えられます。

 

しかしながら、「競売・公売」による強制的な民有不動産の所有権移転の場面では、

未だ法律の不備等により、暴力団が関わりをもってしまう素地を残してしまっています。

 

日本弁護士連合会(日弁連)も法改正の必要性についての意見書を、先月、国に提出したところですが、

暴力追放運動に関しては、何よりも社会が一丸となって暴力団等と関わりをもたないことが肝心ですので、

弁護士である私としても、警察や暴力追放運動推進センター等と協力しながら、

この問題に関する啓発・援助活動を継続していきたいと思っています。

 

なお余談ですが、大会の記念品として、「Good-bye,YAKUZA」と書かれた黄色いタオルを頂戴しました。

なかなか派手なパンチのある代物なのですが、また野球をするときにでも使わせてもらおうと思います(^^ゞ

1

Profile

日々の出来事などを書き綴っています。

Entries

Comment

Archive

2013.09

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30