新着情報

ホーム >Information > 野球シーズン到来!

2013.03.23

野球シーズン到来!

WBC(ワールドベースボールクラシック)も終わり、もうすぐプロ野球が開幕します。

私は広島カープファンなのですが、前田健太投手(マエケン)が活躍したのはとてもうれしかったです。

カープは今年も投手陣は良い感じだと思うので、あとは打線の奮起を期待するのみといったところです。

 

日本代表(侍ジャパン)が準決勝で敗れてしまったのは残念ですが、

1試合1試合野球の醍醐味が感じられ、見応えのある試合が多かったような気がします。

今回の経験をもとにまた4年後にリベンジを果たしてくれることを期待したいと思います。

それにしても、今回のチームのメンバーでドミニカ共和国と試合するのを観たかったですね~。

 

準決勝のダブルスチール失敗が取り沙汰されていて、確かにあのプレーは反撃ムードに水を差してしまったと思いますが、

それでも今回の大会では(当事者の)井端選手と内川選手がいなければ勝ち上がることはできなかったでしょう。

井端選手は何と言っても台湾戦9回ツーアウトからの同点タイムリーが神憑り的でしたが、

個人的には初戦のブラジル戦の8回表の攻撃が極めて重要なポイントだったのではないかと思います。

初戦に敗れた韓国が1次ラウンドで敗退してしまったことからしても、初戦というのは重要かつ難しいものなのだと改めて感じました。

 

戦前の報道等ではともすれば楽勝ムードが漂っていたブラジルに対して、8回まで1点のビハインド。

こういう時は先頭打者が出塁しないと嫌なムードでズルズルといってしまうもの。

そんなプレッシャーのかかる中、内川選手は三遊間をやぶるレフト前ヒット。打ってほしい所で期待に応える集中力の高さ。

そしてランナー2塁となった後、代打の井端選手の一二塁間を破るライト前同点タイムリー(まさに真骨頂)!

あの場面でいつも通りのバッティングができるのが職人技といわれる所以です。

しびれました。

 

そもそもプエルトリコ戦も他の打者が低めの変化球(ボール球)にみんな手が出てしまったのが敗因であって、

ダブルスチールはたまたま目立ったにすぎず。内川選手もギリギリのプレーをしたということです。

投手のモーションが大きいので「走れたら走れ」(グリーンライト)のサインだったと言いますが、

個人的にはやはり①2点差追い上げムード、②バッターが4番の阿部選手、③相手キャッチャーが大リーグ屈指の名捕手モリーナ選手、

だったことからすると、中途半端な作戦はとるべきではなかったのだと思っています。

何より悔いが残ってしまうのが残念です。今後の国際試合に教訓を活かしてもらいたい…。

 

さて、話は変わってレベルもがくんと下がってしまうのですが、私が所属する富山県弁護士会にも、

「富山ローヤーズ」という野球部があります。先日、今シーズン初練習をしたのですが、

野球は観るのも楽しいですが、やはり仲間と一緒にボールを追いかけたり気持ちのいい打球音を聞くのは最高です。

私は一応、チーム内では3番ショートをやらせてもらっているので、

まさに打撃では内川選手、守備では井端選手のようなプレーができることを目指して練習に励みたいと思います。

そして、プロ野球ではカープが悲願のクライマックスシリーズに進出できるよう、

応援したいと思っています(可能なら久しぶりに広島に行って、球場で応援したいです)。

 

 

< 一覧へ戻る