新着情報

ホーム >Information > 山内マリコさん(の小説)

2015.05.10

山内マリコさん(の小説)

山内マリコさんは、1980年富山市生まれの作家さんです。

http://yamauchimariko.tumblr.com/

 

デビュー作の『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)から始まり、

『アズミ・ハルコは行方不明』(幻冬舎)、

『さみしくなったら名前を呼んで』(幻冬舎)、

『パリ行ったことないの』(CCCメディアハウス)、

最新作『かわいい結婚』(講談社)まで、

5冊の本を出されています。

 

ほとんどが女性を主人公としていて、とても読みやすく身近で楽しい話が多いのですが、

時には現代社会の矛盾(?)や女性特有の悩みなどを鋭くついていて、ハッとさせられます。

地元富山を彷彿とさせる話や、主に20代の地方出身・地方在住の女性の話も多く、

今までありそうでなかった新しいタイプの小説を届けてくれるので、注目しています。

今年の2月には、山内さんのトークショー兼サイン会が地元富山であったので参加したのですが、

サインだけではなく一緒に写真も撮ってくれましたし、山内さん自身とてもキュートで面白い人でした。

今後も新しい小説等を出版されることを楽しみにしています。

 

ところで、私自身2~3年前から、山内さんの小説はもちろんのこと、

読書をコンスタントにするようになったのですが(大学生の時以来の感覚です)、

読んだ本はできるだけ、「読書メーター」というツールを使って、管理し記録に残すようにしています。

 

私の読書メーターのページ

http://bookmeter.com/u/419856

 

ご興味のある方は、ぜひ上記サイトをのぞいてみて頂ければと思います。

< 一覧へ戻る